サークルの正式なメンバーになるには、どうすればよいですか?

仮メンバーになった後、少なくとも半年間は、サークル活動に継続的にご参加いただきたいと考えています。
その間の活動を通じて、当サークルの考え方、活動スタイル、雰囲気などを理解して頂いて、その後もサークル活動に参加したいと思えた方については、正式なメンバーとしてご登録させて頂きます。
逆に、当サークルの活動指針を守れなさそうな方については、こちらから今後の活動への参加をお断りさせて頂くこともあります。
また、この半年間の期間中、活動頻度が低い人や事情があって活動に参加できない期間があった人については、仮メンバーの期間を延長させて頂くことがあります。

正式なメンバーの方については、参加ノルマのようなものは設けていませんので、ご自身のペースでサークル活動にご参加いただければと思います。ただ、サークルリーダーとしては、アクティブなメンバー数を常に把握しておきたいと考えているので、もし長期的に参加できなくなりそうな場合はご相談頂ければ幸いです。

仮メンバーとか、正式メンバーのような仕組みを設けている理由について詳しく説明します。
まずは、仮メンバーの期間中に、サークル側としては、当サークルの活動指針に合っていそうな人かどうかを判断させて頂きたいと考えています。そして、サークルに参加しようと考えている人についても、この期間に当サークルがご自身に合っていそうかどうかを考えてもらいたいと思っています。今後も登山という同じ趣味を一緒に続けていく以上は、登山に対する考え方がある程度合っているということは、お互いにうまくやっていく上でも大切な要素の一つだと考えています。
次に、正式メンバーとなった方に参加ノルマのような制限を設けていない理由についてですが、今後の人生、仕事や家庭環境の変化もあると思いますし、中には、ある程度山に登ったら、登山という趣味から距離を置く人もいると思いますので、同じペースでサークル活動をずっと続けていくことは難しいと思っています。サークル活動に参加できなくなったからという理由で、それまで一緒に活動していたメンバーをサークルから退会させる、という処置をとりたくはないと考えています。そういった理由から正式メンバーの方には、参加ノルマのようなものは設けないことにしています。サークル活動や登山自体から離れることになったメンバーとも、今後も継続的に連絡を取り合ったり、時には一緒に遊んだり、軽いハイキングをしに行ったりすることができる関係を築いていけるグループにしたいと考えています。